社長挨拶

快適で、より合理的な暮らしを享受したい。そして、より人間的な生き方をしたい。

現在、その思いとは裏腹にさまざまな生活環境が後退している傾向にあります。そして様々な経済活動を反映し、多様化し増加している廃棄物の処理と資源化と再利用が、地球全体のテーマとなっております。
このような状況の下で、より快適な生活環境を実現し、その保全と整備を、持続性をもって行うのが私たちの使命と考えております。私たちは最新の技術力と長年培ったノウハウを駆使し、人と自然とモノが調和した地域、そして地球環境の創造に邁進してまいります。

未来を見つめながら社員一人ひとりが努力し、地域の皆様や事業者の方々と一体となり、より良い地球環境を築くため決意と熱意をもって歩んでまいります。
皆様のご協力を得て、次世代に誇れる環境保全活動に貢献できるよう社員一丸となって研究開発に努める所存でございますので、一層のご支援ご指導を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役 紺野 大三郎

企業理念

Dreams and Technology

Dreams and Technology

環境は人と技術で…

地球環境の保全は、私たち人類の責任です。今、だれもが環境問題や自然保護問題について関心を寄せています。

しかし、それらの問題は、私たち一人一人が生活者として日常の中で取り組み、解決していかなければなりません。私たちは地域の皆様とともに、人と自然とモノが調和したクリーンな環境を目指して歩んでまいります。

環境方針

環境方針
  • 事業活動において、環境目的・目標を定め環境負荷を低減し、環境汚染の予防に努めると共に定期的な見直しを行い環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  • 環境関連の法規制・条例・当社が同意したその他の要求事項を遵守し、環境の保全に努めます。
  • 廃プラスチック中間処理・プラスチックリサイクル及び一般廃棄物・産業廃棄物の受入れ、収集運搬事業に関わる全てにおいて、エネルギーや資源を有効に活用し廃棄物の発生を極力抑え適正な管理を行います。
  • 地域住民や関係諸官庁とのコミュニケーションをはかり、協調を大切にし、環境保全活動を通じて地域社会に貢献します。及び社員全員の人材教育を強化します。
  • 事業活動を通じ、3Rが育つ環境創りを行います。
    Reduce : ゴミの発生を抑制する
    Reuse : 一度利用して不要になったものを再度利用するRecycle : 一度利用して不要になったものを他の製品の原料として再利用する。
  • 当社はこの方針を全構成員および関連事業者に周知すると共に、社外へも公表します。

活動と成果

電気使用量の削減、水使用量の削減

一人ひとりの心がけで電気・水使用量が減り、環境だけでなく当社の節約にもつながりました。

選別に対する意識の向上

埋立を減らすため選別をさらに徹底し、フラフ燃料・リサイクルなど環境にやさしい処理に努めています。

美化活動

朝、月に一回会社周辺地域のごみ拾いを行っております。
朝の清掃により一日の仕事が気持ちよく行えます。選別に対する意識の向上埋立を減らすため選別をさらに徹底し、フラフ燃料・リサイクルなど環境にやさしい処理に努めています。電気使用量の削減、水使用量の削減一人ひとりの心がけで電気・水使用量が減り、環境だけでなく当社の節約にもつながりました。

当社では清掃活動などの地域貢献活動に積極的に参加しています。

毎年湘南で開催されるビーチクリーンボランティアに参加しております。
他にも、神奈川県エコネットワーク協同組合主催のCSR活動にも参加しました。
当社では清掃活動などの地域貢献活動に積極的に参加しています。

工場見学

近隣の小学校が工場見学にきました。
環境問題についての学習の一環でいらっしゃいました。
これからを担う若者たちに環境について少しでも興味をもっていただけたらと思います。

会社概要

会社名 
株式会社 紺野企業

設立 
昭和35年12月26日

役員
代表取締役 紺野 大三郎
取締役会長 紺野 嘉宣  
取締役専務 紺野 周平  
常務取締役 香川 秀明  
常務取締役 山口 徹   
  取締役 紺野 裕介

資本金
500万円

加盟団体社団法人
神奈川県産業廃棄物協会
藤沢市資源回収協同組合
藤沢地区廃棄物対策協議会
藤沢市交通安全協議会
神奈川県県央地区廃棄物処理業協議会 

事業所
藤沢作業所
藤沢市土棚8番地
いすゞ自動車㈱藤沢工場内

横浜作業所
神奈川県横浜市神奈川区宝町2番地
日産自動車㈱ 横浜工場内

工場・倉庫
綾瀬第一工場
神奈川県綾瀬市深谷上8丁目6番24号
TEL.0467-70-6350 FAX.0467-70-6568

綾瀬第二工場「E3 Factory」
神奈川県綾瀬市中8丁目6番3号

綾瀬第三工場
神奈川県綾瀬市深谷中8丁目6番27号

綾瀬倉庫「E3 Recycling Stockyard」
神奈川県綾瀬市深谷中5丁目3番8号

事業内容
一般廃棄物処理業(廃プラスチック)
産業廃棄物処理業
廃プラスチック中間処理業
建設資材製造業
不動産賃貸業
産業廃棄物処理技術の開発
及びコンサルタント業

主要取引銀行
横浜信用金庫 湘南台支店
横浜銀行 湘南台支店
商工中金 横浜西口支店

主要取引先
株式会社ブリヂストン 横浜工場
いすゞ自動車株式会社 藤沢工場
日産自動車株式会社
旭ファイバーグラス株式会社 湘南工場
味の素株式会社 川崎事業所
アマゾンジャパン合同会社
キリンビール株式会社

沿革

昭和35年12月
神奈川県川崎市において法人組織として、
有限会社紺野企業を設立

昭和49年2月
横浜市より産業廃棄物収集運搬業許可取得をし、
他地域への事業拡大を図る

昭和51年12月
神奈川県藤沢市湘南台に本社を移転する

昭和54年12月
神奈川県より産業廃棄物収集運搬業許可取得をし、
廃プラスチック類のリサイクル事業へのシフトを始める

平成4年4月
綾瀬(旧)第一工場にて建設資材製造販売を開始
新たにプラスチックリサイクルへの販売ルートを開発

平成5年7月
神奈川県より特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得

平成11年12月
神奈川県綾瀬市深谷6585-3において廃プラスチックのリサイクル工場を開設

平成12年5月
神奈川県より産業廃棄物処分業許可取得をし、
廃プラスチック類のリサイクル事業拡大
同時に海外(主に中国)への輸出を開始する

平成15年12月
綾瀬第一工場にて家電OA機器の分解解体業務を開始

平成17年1月
神奈川県より特別産業廃棄物の保管業務を開始

平成17年7月
廃プラスチックリペレットの製造開始

平成18年3月
環境省認証「エコアクション21」認証登録を取得

平成18年9月
商号を有限会社紺野企業から株式会社紺野企業へ変更

平成18年10月
東京都より特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得

平成21年12月
第一回私募債発行

平成22年3月
綾瀬第二工場(E3ファクトリー)開設
廃プラスチック類によるフラフ燃料の製造開始

平成24年4月
神奈川県綾瀬市深谷中に
綾瀬新倉庫「E3 Recycling Stockyard」完成

平成25年3月
綾瀬第一工場にて飲料容器の選別ラインを開始

平成25年8月
綾瀬第二工場にて廃プラスチックの選別ラインを開始

平成28年9月
綾瀬第一工場にて圧縮梱包機の入れ替え

令和2年8月
神奈川県綾瀬市深谷中に綾瀬第三工場が開設
廃プラスチック類によるセメント工場向け原料施設

許可証一覧

産業廃棄物収集運搬業許可一覧

都道府県
自治体名
許可番号
燃え
がら

廃油廃酸
アルカリ







紙くず木くず繊維
くず
動植物性
残渣
動物系
固形
不要物
ゴム
くず
金属
くず














鉱さいがれき




ん尿

動物の
死体
ばいじん13

廃棄物
神奈川県
01412005099
◇□◎□◇□◎
東京都
1300005099
埼玉県
01101005099
千葉県
01200005099
栃木県
00900005099
茨城県
00801005099
◎△◎△
群馬県
01000005099
静岡県
02201005099
山梨県
01900005099
福島県
00707005099
愛知県
02300005099
三重県
02400005099
岐阜県
02100005099
※1◇(保管・積換 許可品目) ※2 ◎石綿含有産業廃棄物を含む ※3 □水銀使用製品産業廃棄物を含む ※4 △ 自動車等破砕物を含む

特別管理産業廃棄物収集運搬業許可一覧

都道府県
自治体名
許可番号

















綿




































神奈川県
01452005099
◎(汚泥)
東京都
1357005099
※ ◎特定有害産業廃棄物

一般産業廃棄物収集運搬許可証